畳(たたみ)

座卓・ちゃぶ台の専門店


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > リンク集
カテゴリー
折りたたみ 座卓(幅120cm以下) 折りたたみ 座卓
(幅120cm以下)
折りたたみ 座卓(幅120cm以上) 折りたたみ 座卓
(幅120cm以上)
座卓 テーブル 座卓 テーブル
ちゃぶ台 ちゃぶ台


リンク集

お薦めサイト【畳(たたみ)】


杉田畳店インテリア工房
千葉県山武郡大網白里町の畳屋さん杉田畳店



コラム



 
畳の部屋にぴったりなのはどんな座卓?


どこのご家庭でも、畳の部屋は他の部屋より格調が高いもの。そんな畳の部屋には、座卓がよく似合います。畳の部屋にぴったりな座卓の選び方を、素材やサイズなどのポイントからご説明します。


畳の部屋にお客様を通すなら大きめの座卓を

接客用の畳のお部屋に置くなら、長方形で大きめの座卓がいいでしょう。床の間があれば、床の間の前がお客様の席になり、家主はその向かい側に座ります。床の間がない場合は、玄関から上がって奥のほうがお客様が座る席になります。


素材や形状から見る座卓の選び方

座卓は、使われている木材のキメが細かく固いほど高級品とされています。木材のなかでもっとも硬度がある黒檀や紫檀は、よく高級な座卓に用いられます。その他、木目が美しいケヤキやクルミ、タモ、花梨(かりん)、チーク、イチョウ、トチ、栗などの木材はよく座卓に使われます。

タモの木は、杢(もく)と呼ばれる独特の木目が現れるので、座卓の素材として高い人気があります。また、ケヤキや杉の木の一枚板を自然の形のまま天板に使用した座卓もおすすめ。

長方形の無機質なテーブルにはない、自然が生んだ独特の木の形を味わうことができますし、こういった座卓は節や年輪が目を楽しませてくれるのがいいところです。その他、天板は長方形でも側面のみ天然木の形のまま残してあるタイプの座卓もあります。



無垢材の座卓の注意点とは?

無垢の木材を使った座卓は重さがあるため、移動するのがなかなか難しいものです。頻繁に置き場所を変える可能性がある場合は、無垢材ではなく合板など軽量化されている座卓を選ぶのがいいでしょう。

座卓の天板は、キズ防止のために透明な樹脂塗料で保護してあるのが一般的ですが、熱い湯呑みを置くとその跡が輪になって残ってしまう可能性があるため、熱い湯呑みや器を置く際は茶托やソーサーを使って天板を保護しましょう。



座卓であこがれの掘りごたつのある生活を

置き畳は、リフォームをすることなく手軽に畳のスペースをつくれる便利なスモール家具。置き畳のなかには掘りごたつのスペースをつくれるタイプもありますので、ぜひチャレンジしてみてください。足元のスペースを確保するため、普通の置き畳より厚みのある専用のユニット畳を組み合わせて置き、中央に座卓を置けば、我が家に立派な掘りごたつの登場です。

足を伸ばして座卓に座る掘りごたつは、一度味わうと病みつきになってしまう方も。掘りごたつに座って座卓に向かう至福のひとときを、ぜひご家庭で!


リンク集 一覧

座布団・クッション カーペット・ラグ・マット 畳(たたみ)
ござ・い草    




リンク集 トップへ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ



座卓・ちゃぶ台の専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.