茣蓙(ござ)・い草

座卓・ちゃぶ台の専門店


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > リンク集
カテゴリー
折りたたみ 座卓(幅120cm以下) 折りたたみ 座卓
(幅120cm以下)
折りたたみ 座卓(幅120cm以上) 折りたたみ 座卓
(幅120cm以上)
座卓 テーブル 座卓 テーブル
ちゃぶ台 ちゃぶ台


リンク集

お薦めサイト【茣蓙(ござ)・い草】




コラム



 
夏を乗り切るための日本の知恵「座卓×ござ」


夏場など暑い時期は、フローリングの床を素足で歩くとべたついて気持ちが悪いもの。その悩みを解決してくれるのがいぐざを編んだござです。以下ではござの種類や保管方法、座卓との組み合わせ方などをご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。


ござはなぜ涼しく感じるのか?

ござを敷くと涼しくなる秘密は、ずばりござの素材にあります。ござは茎に空洞がある植物が原料であり、この植物の茎の空洞が熱を逃がしてくれるのです。


ござの素材はいぐさだけではない?

日本伝統のござには昔からいぐさが使われていましたが、現在は価格の高騰により国産のいぐさのござは高級品として扱われています。一般に流通しているござの多くはいぐさ以外の素材で編まれた外国製のものが主流です。

最近では、エスニックな雰囲気を持つウォーターヒヤシンスやウズ草を編んだ東南アジア製のござ、茎の空洞が大きく通気性に優れている竹製のござなどが人気となっています。ちなみに、竹製のござには消臭効果などもあるので、夏場の汗ばむ時期にはもってこいのアイテムです。



座卓×ござで和の雰囲気を楽しむ

近年のレトロブームで「和」のインテリアの良さが見直され、若い方を中心に「和」をテーマにしたお部屋のコーディネートをされる方が増えているようです。そのような方にぜひご提案したいのが、ござです。フローリングの上に直接横になるのに抵抗がある方やカーペットに暑苦しさを感じている方は、ぜひござとのコーディネートを試していただきたいと思います。ござの上に座卓を置くだけで、カンタンに和の空間ができあがります。


ござの適切な保管方法

暑い夏が終わり涼しくなってきたら、まず風通しの良い場所でござを陰干ししてください。次にござの目に沿って掃除機をかけてホコリを吸い取り、継ぎ目で折り畳んでビニール袋に入れ、湿気の少ない場所に収納しましょう。国産のいぐさで編んだござなら、この保管方法で2〜3年、長ければ5年くらいは持ちます。


ござを購入するときのポイント

ちなみに、梅雨が明けて暑くなってくるとござの需要が伸びて市場で品薄になります。ござを購入するなら、梅雨を迎える前がベストタイミングです。希望のサイズが品切れにならないように、早めに購入しましょう。

東南アジア製など外国産のござはリーズナブルなので、毎年買い求めても大きな負担にはなりませんが、本物志向の方や良い物を買って長く使いたいという方には耐久性に優れた国産のいぐさを使って編まれた高価なござをおすすめします。


リンク集 一覧

座布団・クッション カーペット・ラグ・マット 畳(たたみ)
ござ・い草    




リンク集 トップへ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ



座卓・ちゃぶ台の専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.