座卓を仕事用の机として使ってみよう!

座卓・ちゃぶ台の専門店


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
座卓を仕事用の机として使ってみよう!


自宅での仕事は好みのスタイルに合わせて

普段、オフィスではデスクや椅子で過ごしている人でも、自宅では椅子を使わずに畳や床の上でくつろぐ人も少なくありません。畳や床に座って生活することが快適な人は、自宅での仕事も同じように行ってみてはいかがでしょう。そんなときに役立つのが座卓です。

座卓が食事用として広く使われ始めたのは明治以降ですが、江戸時代にもお寺の経机や勉強をしたり書き物をしたりするための文机として、座卓は使われてきました。原点に立ち返って、現代の生活の中にも座卓を大いに活用してみましょう。


長時間作業をするなら、座卓の色も優しい物を選びましょう。



座卓を仕事で使う際の注意点とは?

もともと座卓はシンプルで余計なものが付いておらず実用的ですので、仕事に活用することは可能です。ただ、仕事ではパソコンや電話を使うケースが多いはず。そのため、天板のサイズはある程度余裕を持って大きめのものを選びましょう。また書類やマウスパッド、電話などを置くスペースを想定しておく必要があります。

ノートパソコンであれば省スペースですが、ディスプレイやキーボードを置いたりデスクトップパソコンの本体を設置する場合は、大体のサイズを測って天板のサイズを決めましょう。また、座卓の下にパソコン本体を設置したい時は注意が必要です。座卓の天板高さは30〜35センチ前後が多く座卓の下にパソコンが入らないことがありますので、事前にチェックしておきましょう。


天板が大きすぎても使い勝手は悪いので、適度な大きさのものを選ぶことが重要です。



回転式の座椅子がおススメ

座卓で仕事をする時におススメなのが、回転式の座椅子です。机で仕事をする時に回転式の椅子を使っている人は多いと思います。同様に床に座って仕事をする時も回転式の椅子を使うと、座卓に対して腰の向きを小まめに変えることができるので疲れにくくなります。

ただし、回転式の座椅子は普通の座椅子に比べて高さがあるので、座卓の高さを調整しなければならない場合があります。座卓の高さが低くなった時は、座卓の足の下にレンガや木材などを敷いて高さを調整しましょう。こうして座卓を少しだけ高い位置に設置することで、先程注意点として取り上げた高めのパソコン本体を座卓の下に置くことも可能になります。

座卓・ちゃぶ台の専門店では、さまざまなデザインやサイズの座卓を扱っています。目的に合わせて使いやすい高さや長さの座卓をお選びください。食事や団らんだけでなく、仕事や勉強など、もっとさまざまな用途に座卓を活用してみてはいかがでしょうか。


背もたれのないタイプの座椅子でも、腰の向きの微調整は可能です。




コラム 一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


座卓・ちゃぶ台の専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.