毎日の生活に欠かせない座卓・ちゃぶ台

座卓・ちゃぶ台の専門店


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
毎日の生活に欠かせない座卓・ちゃぶ台


床に座って生活する日本人に合った家具

日本で座卓やちゃぶ台が家庭で広く使われ始めたのは、明治時代に入ってからです。江戸時代に食事を食べる際は、座卓ではなく一人ひとりが箱膳(はこぜん)を使っていました。これは当時の階級社会の影響によるもので、家族であっても同じテーブルで食事を食べる習慣がなかったためです。魏志倭人伝に登場する日本人も、食事の時は「高坏」を用いていたと書かれているところからも、日本では膳を用いるのが古くからの風習だったことがうかがえます。

その後、明治維新によって文明開化が起こると、西洋式のテーブルが和室に合った合理的な形の家具としてアレンジされ、座卓やちゃぶ台が登場しました。明治から大正、昭和、さらに平成の現代まで、座卓は食事の時だけでなく、家族との団らんやテレビを見ながらくつろいだり畳やじゅうたんなど床に座って生活をする日本人の生活スタイルに合った家具として親しまれています。


家族みんなで食事をするほうが楽しいですよね。



狭い居住スペースで使える家具として普及

明治時代に普及し始めた座卓ですが、大正時代に入ってからも食事の時に箱膳を使う家庭は依然として多く残っていました。座卓が広く使われるきっかけとなったのは、大正12年に起きた関東大震災という説があります。震災の復興のために建てられた仮設住宅などの狭い居住スペースでは、家族全員で食事ができ、必要ない時は折り畳んで部屋の隅に片付けておくこができる座卓が便利な家具として重宝されました。

戦後、アパートやマンションが増え始め、洋風の生活スタイルがさらに広まると、食事の際はダイニングテーブルを用いる家庭が増えていきました。しかし、和室の家具としては現在でも座卓は欠かせない存在です。一人暮らしから大家族まで、食事や団らん、仕事、遊びなどあらゆるシーンで使われています。


折り畳みタイプなら、使わないときは畳んで収納できるのでとても便利です。



座卓も時代によって少しずつ変化

こたつは、日本の伝統的な暖房器具として古くから使われてきました。かつては、冬が過ぎるとこたつを収納することが多かったですが、近年では洗練されたデザインの「家具調こたつ」も人気で、冬場以外には座卓として使われ一年を通して活用されます。

また、最近は畳やフロアに座る際にリクライニングできる座椅子を愛用する人が増えており、それと共に座卓をリビングテーブルとして用いるケースも増えています。床に座る生活スタイルを送る人にとって、座卓はなくてはならない家具の一つといえるでしょう。

座卓・ちゃぶ台の専門店では、来客時にも便利な折りたたみ式の座卓や、どんな和室にもぴったりな天然木を使った高品質な座卓まで、さまざまな種類の座卓を扱っています。お部屋の用途やライフスタイルに合わせてお選びください。


和室に座卓は、昔の日本を思い起こさせてくれます。




コラム 一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


座卓・ちゃぶ台の専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.