昔から広く親しまれてきた座卓のひとつ、ちゃぶ台

座卓・ちゃぶ台の専門店


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
昔から広く親しまれてきた座卓のひとつ、ちゃぶ台


座卓の王道、ちゃぶ台の歴史

座卓とは、椅子ではなく畳やフローリングに座って使用する机のことです。ちゃぶ台もこの一種です。



座卓のひとつ、ちゃぶ台の由来

座卓のひとつ、「卓袱台(ちゃぶ台)」は、中国語の茶飯、喫飯の発音に由来しているという説が有力です。その由来のとおり食事用の座卓として使われはじめ、各家庭に広まったのは昭和の初め頃。それ以前は時代劇などでよく見られるような一人用のお膳で食事を摂っていました。

ちゃぶ台を使用するようになって家庭に様々な変化をもたらしました。家族がひとつの机の周りに集まって、コミュニケーションを取りながら食事できる「食卓」が生まれたこと、家族のおかずをひとつの器に盛って出すことができ分けて盛る手間が省けることなど。また、食事の他に、家族が居間で過ごす際の居場所、書物や宿題などをする作業場所としても重宝されてきました。




ちゃぶ台からダイニングテーブルへ

その後、西洋の文化やライフスタイルがどんどん日本に入ってくると、ちゃぶ台で座りながら食事をとるスタイルから、ダイニングテーブルと椅子を使用するスタイルへと変化していきます。そして、高度経済成長のさなか、集合住宅が数多く売り出された際には、ダイニングとリビングを設けた間取りが広く採用されました。そして、家庭ではちゃぶ台などの座卓を使用する機会が減っていき、食事はダイニングに置いた椅子とテーブルでとり、リビングにはソファとテーブルを置く、という現在のスタイルが一般的となったのです。



使用シーンが変わっても変わらないちゃぶ台の魅力

ダイニングテーブルが一般的となった現在でも、和室にはやはり座卓、ちゃぶ台が似合います。また、近年、「あえて昔ながらの座卓やちゃぶ台を使用し、おしゃれな雰囲気を演出する」というアジアンモダンスタイルの住まいも人気に。ちゃぶ台は、時代を経て便利でありながら個性やおしゃれも表現できるインテリアへと変化したのです。

座卓のひとつであるちゃぶ台は、モダンなデザインのタイプや使い勝手を重視したタイプ、天然木の一枚板などを利用した重厚なタイプなど様々な種類があります。設置スペースやインテリアに合わせて、空間に合うちゃぶ台をお選びください。選ぶ際に、候補としているちゃぶ台のサイズを新聞紙などで再現して床面に置いてみると、イメージが湧きやすくなりますよ。




コラム 一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


座卓・ちゃぶ台の専門店

Copyright (C) Will Co.,Ltd. All Rights Reserved.